TOP > ブログ > LA GalaxyのファンはDignity Health Sports Parkの新しいサウンドシステムで最高のエクスペリエンスを楽しむ
コラム
2019/10/24

LA GalaxyのファンはDignity Health Sports Parkの新しいサウンドシステムで最高のエクスペリエンスを楽しむ

Clemence
ブログ
 Dignity Health Park は L-Acoustics Kiva IIの 新しいサウンドシステムを備えています。(Ⓒ Debi del Grande)

2019年10月

3G Productionsは、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)の最も権威のあるクラブのために、L-Acoustics Kiva II / SB18iスピーカーシステムの設計・設備施工を担当

MLSで最も成功しているフランチャイズの1つであるLA Galaxyのホーム、「Dignity Health Sports Park」(DHSP)は、L-Acoustics Kiva II / SB18i スピーカーシステムの設計および施工を3G Productionsに依頼することを発表しました。新しいスピーカーシステムは、AEGとLA Galaxyが Dignity Health Sports Park でのファン・エクスペリエンスのために行っている継続的な投資の一部です。

「スタジアムの古いサウンド・システムは、もはやニーズを満たしていませんでした。」と3G Productions, Inc.のC.O.O、キース・コンラッド氏は説明します。「時代遅れだし、信頼性も低下していました。さらに、スタンドやコンコースで十分なサウンドカバレッジを拡げることができなかったため、会場全体にわたってファンに最高の体験を提供することに苦労していました。

  Dignity Health Park は L-Acoustics Kiva IIの 新しいサウンドシステムを備えています。(Ⓒ Debi del Grande)

スタジアムのさまざまなニーズを念頭に置いて、AVL Integrationの3Gプロダクション・ディレクタを務めているデビッド・マイヤーズ氏は、Soundvision を使った設計で、L-Acousticsスポーツ施設ビジネス開発マネージャー、ダン・パーマー氏と協力をしました。最終的にすべての基準を満たした要因は、主に142台のKiva IIラインソースエンクロージャーで構成されるボウルのサウンドシステムです。このシステムは、8か所のゾーンで18アレイに分割され、28台のSB18iサブウーハーによる14ハングと組み合わせ、13台のLA12Xと4台のLA4Xアンプリファイド・コントローラーによってドライブされます。さらに、コンパクトな10台の5XT ショートスロー・スピーカーがウェスト・ゾーンのプレスエリアをカバーし、2本のSyvaコリニア・エンクロージャはスタジアムの正面入り口にある巨大なLEDの壁の左右に設置されました。

「ボウル全体で同じスピーカー・ソリューションを使用することで、一貫した音質と音響特性を維持しながら、それぞれのリスナーエリアのニーズに対応するスケーラブルなシステムを作成することができました。これにより水平指向性の制御を最大化できました。」とマイヤーズ氏は説明します。「また、Kiva IIは非常に視覚的に目立たず、フィールドへの視線を邪魔することなく、会場の建築的に美しい外観を保つことができます。そして、メインシステムを強化し、SRの要求がより厳しいショーやゲームのために、必要に応じて周波数帯域幅を拡張し、ローエンドエネルギーを高めるためにSB18iサブウーハーを吊り下げました。」

  Dignity Health Sport ParkのL-Acoustics Kiva IIラインアレイ (Ⓒ Debi del Grande)

コンラッド氏は、新しいスピーカーシステムに注目しています。 最終的には2月にコミッションされましたが、3月初旬のLAギャラクシーのシーズンオープニングの直前に、古いものから大幅に改善されました。「L-Acousticsシステムは、スタジアム内のエネルギーを大幅に強化しながら音をフィールドから遠ざけることでサッカーの試合の完全性とニュアンスを保ちます。」と述べます。「コンコース全体のオーディオシステムは、例えば席を離れる必要があったとしても、観客がアクションに付いてこれるようにすることで、ファンエクスペリエンスを向上させます。スピーチの明瞭度が著しく向上し、ゲーム中にスタジアムから発せられるノイズが最小限に抑えられたことで周囲の人々も満足しています。」

Dignity Health Sports ParkのAEGオペレーション担当次長であるアダム・デュベンデック氏は、同意をしています。「時代遅れのシステムに直面して、私たちが行ったことは、サウンドを隣人ではなくスタジアム内に集中させながら、卓越したファン・エクスペリエンスを提供できる製品を見つけることでした。」と説明します。「3GおよびL-Acousticsは、優れた明瞭度を持つコンサート品質のシステム提供を時間通りに予算内に収めることができます。」

 Dignity Health Sport ParkのL-Acoustics Kiva IIラインアレイ (Ⓒ Debi del Grande)

関連記事