TOP > ブログ > エピックなハードスタイル音楽フェスはL-Acousticsで盛り上がる
コラム
2020/05/11

エピックなハードスタイル音楽フェスはL-Acousticsで盛り上がる

Hiroyuki Tanabe
ブログ
K1とK2システムで強化されたこのイベントに、25,000人のファンがアントワープのSportpaleisとLotto Arenaに集まりました

2020年5月

ソールドアウトとなった「Reverze 2020 – The Power of Perception」は、K1とK2の力を手に入れる

2006年に『Reverze』はハードスタイル・ミュージック・シーンに爆発的に登場しました。その軌跡は壮大なものとなり、この国際的なイベントは現在、ベルギーのハードスタイル音楽のための最大の屋内イベントとなっており、このジャンルで最高のアーティストが集まっています。今年のソールドアウトとなった『Reverze – The Power of Perception』は、Bass Eventsによって主催されました。3月初旬に開催されたこのイベントには、アントワープのSportpaleisとLotto Arenaに25,000人のファンが集まりました。Reverzeのコンセプトは来場者にお馴染みですが、今年はオーディオ設備に大きな変更が加わり、オランダのPurple Group BV がNoiz BoyzによってデザインされたL-Acoustics K1K2システムを導入し、パワーと明瞭度をさらに高めました。

Brennan Heart、Da Tweekaz、Keltek、Sefa、Angerfist、Sub Zero Project、Harddriver、Miss K8など、世界のトップハードダンスアーティストが出演するラインナップから、まばゆいばかりのビジュアルショーまで、このイベントはあらゆる意味で壮観です。

 K1とK2システムで強化されたこのイベントに、25,000人のファンがアントワープのSportpaleisとLotto Arenaに集まりました

イベント業界のサービスパートナーであるAxiom - Solid Solutionsのオーナー兼プロダクションディレクターであるルディ・ヴォルステンボッシュ(Rudy Vorstenbosch)氏の協力を得て、Purple Groupはこのフェスティバルと初めて仕事をしました。

「ルディさんは、これまでのように複数のサプライヤーに依頼するのではなく、1社だけでフルサービスを提供することを望んでいました。」とPurple Groupのバス・フォイラー(Bas Feuler)氏は述べます。「彼は、Purple Groupが音響、照明、LEDスクリーン、リギング、モーションコントロールの技術的要件を全て提供できることを知っていました。これにより、彼はプロダクションの担当者を1人だけにすることができました。コミュニケーションラインが大幅に短縮され、どんな問題も迅速に解決することができました。

Reverzeのオーディオデザインは2014年から不変で、サプライヤーとシステムが変わったにもかかわらず、今年も変わりはありませんでした。

「そのデザインはうまく機能し、誰も変更する必要性を感じませんでした。」と、フォイラー氏は振り返ります。「しかし、Reverzeでは品質を重視しており、人々に最高の体験を提供することが全てです。L-Acoustics K シリーズは非常にパワフルなシステムです。このスタイルのイベントではパワーが重要ですが、K1とK2はその点では十二分な性能を発揮します。また、K1-SBサブウーハーを追加したことで、会場の側面やトリビューンの上にあるレイズドデッキに、これまでにないインパクトを与えることができました。」

Purple Groupは2019年11月にプロジェクトの確定を受け、すぐに作業を開始しました。「Sportpaleisは非常に有名な会場であり、私は何度もそこで仕事をしたことがあります。」とフォイラー氏は付け加えます。この親しみやすさが役立ち、必要な現場訪問の回数を減らすことができました。プロダクションデザインがPurple Groupに到着したとき、フォイラー氏と同社のリギングチーフのルート・コーレン(Ruud Koolen)氏は、既存のデザインが新しいシステムで会場をうまくカバーするかどうかを判断するために必要なすべてのオブジェクトの重さを調べました。

「この最初の段階でゴーサインが出されると、デザインはテクニカルプロダクションに送り返されました。」とフォイラー氏は続けます。「彼らは新しいバージョンを送ってきてくれましたが、私たちはCADファイルとSoundvisionで修正を加えました。このプロセスは、最適なセットアップが完成するまで続きました。設備機材の量と会場の容量は簡単にマッチしていなかったので、物流と構築の観点から、大変な作業でした。Reverzeの搬入を成功させるためには、2ヶ月間ものプリプロダクションが必要でした!」

 12台のK1が最初のメインディレイラインとなり、10台のK2と8台のK1-SBをサイドディレイとして隣り合わせに吊られデッキへのインパクトを加えました

最終的なシステムは14台のL-Acoustics K1のメインハングに片側2台のK2ダウン、ステージ上のサイドPA用は4台のK1-SBに10台のK2ダウンを加えたもので、K1-SBはデッキとトリビューンに必要なインパクトを与えました。12台のK1が最初のメインディレイラインとなり、10台のK2と8台のK1-SBをサイドディレイとして隣り合わせに吊られデッキへのインパクトを加え、VIPデッキのディレイには6台のK2が使用されました。一階の客席エリアのサブとフィルは28台のKS28と12台のKaraを使用しました。76台のLA12xアンプリファイド・コントローラがシステムに必要な全てのパワーを供給しました。

L-Acoustics Kシリーズの驚異的なインパクトは特筆すべきもので、オンラインマガジン『Hardstyle Report』は次のように述べています。「音質はほぼ完璧で、誰もが『Synchronised's』アルバムトラックといくつかの新曲に夢中になっています...」、「今年のイベントは、光の要素と音質の点で忘れられないものでした!」と述べています。

フォイラー氏は、彼のクライアントも喜んでいたと説明します。「プロダクションの終わりに、ルディさんは私の手を温かく握ってくれました。間違いなく、彼はPurple GroupとL-Acousticsの両方の結果に満足していたのです。」

 システムは14台のL-Acoustics K1のメインハングに片側2台のK2ダウン、ステージ上のサイドPA用に4台のK1-SBに10台のK2ダウンを加えたもので、K1-SBはデッキとトリビューンに必要なインパクトを与えました

関連記事