TOP > ブログ > M32シリーズデジタルコンソール DN32-USB/DN32-LIVEのUSBポートから任意のミックスを出力する方法 (アウトプットルーティングの変更方法)
M32 FAQ
2020/07/17

M32シリーズデジタルコンソール DN32-USB/DN32-LIVEのUSBポートから任意のミックスを出力する方法 (アウトプットルーティングの変更方法)

Keigo Tomita
ブログ

Q: DN32-USB/DN32-LIVEのUSBポートから任意のミックスを出力する方法は?

対象:M32、M32-LiveシリーズおよびDN32-USBDN32-LIVE

DN32-USB/DN32-LIVEのUSBポートは、ルーティングを変更することで任意のミックスを出力できます。 この手順書では、一例としてPC/Macの入力1-2にMain L, Rをポストフェーダーで出力する方法を示します。 写真はFirmware Version 4.02の画面ですが、Version 3以前でも同様の手順で設定が可能です。

1. [ROUTING]ボタンからルーティング画面に入り、カーソルキーで右に進みPATCH POINTS>OUTを開きます。

2. Output 1にMain Lをポストフェーダーで割り当てます。 まずANALOG OUTPUTをOutput 1に合わせます。 次にOUT SIGNALをMain Lに合わせ[ASSIGN]を押し、最後にTAPをPost Faderに合わせ[SET]を押します。


3.同様の手順でOutput 2にMain Rをポストフェーダーで割り当てます。

4. カーソルキーで左に戻り、BLOCK ROUTING>CARDを開きます。 EXPANSION CARD OUTPUTSの1-8をOutput 1-8に合わせ、[CONNECT]を押して決定します。

5. PC/Mac用ソフトウェア”M32-Edit”からもルーティングの変更が可能です。



※注意
Outputの設定はコンソール背面のXLR OUTとも連動しています。工場出荷時の状態から上記操作を行った場合、XLR OUT 1, 2にもMain L, Rが割り当てられるので、XLRケーブルの接続先にご注意ください。

上記手順をPDF書類でダウンロード

関連記事