TOP > ブログ > ヒビノ株式会社 ヒビノサウンドDiv.様に Kara II アップグレードキットを導入いただきました
納入実績
2021/07/12

ヒビノ株式会社 ヒビノサウンドDiv.様に Kara II アップグレードキットを導入いただきました

Keigo Tomita
ブログ

ヒビノ株式会社 ヒビノサウンドDiv. 様に L-Acoustics Kara II アップグレードキットを導入いただきました。

従来使用されていた108本のKaraをKara IIにアップグレードという大がかりな更新でしたが、その模様とアップグレード後の効果などをヒビノサウンド 永易 様に伺いました

108本のアップグレードが3日間で完了

アップグレード後に実際にコンサートで使用されたKara II



・このたびは108本のアップグレードという大規模なものでした。大量のFinの交換作業はどれほどの時間がかかりましたか?

永易様(以下略):作業は1日あたり3名で作業をして、3日間で終わりました。とても簡単で早かったです。

・たった3日間で!早かったのですね。Kara IIを使った感想を教えてください

Kara IIにアップグレードしてから、アウトサイドで使うようになりました。Karaの時はアウトサイドで使わなかったのですが、それは(水平指向性が)110°もの広さがいらない会場ばかりだったためです。

Kara IIは(水平指向性を)90°や70°に変えられるのが強みです。「一番深い所が狙えて、かつ外が広がっている。」ということができるスピーカーなので良いと思います。小さいので見た目も良い。かといって音に妥協はありません。

K2をKara IIに。本数は増えたがトラックが減った



・K2をKara IIに置き換えたということですね。


はい。これまでアウトサイドに使っていたK2をKara IIに置き替えました。K2を10本吊っていた会場でいまKara IIを18本吊っているのですが、遜色ありません。より細やかな角度調整もできるようになったため、良かったと思います。

・実際にスピーカーを吊る際に、K2を10本とKara IIを18本ではその労力に違いはありますか?

本数が多くてもKara IIの方がラクです。軽いですから。K2も吊りやすいのですが、Kara IIは軽いということもあってより吊りやすいです。良いことずくめです。スピーカーの本数は増えましたが、アンプの台数とケーブルの本数が少なくなりました。(*)

*LA12X アンプリファイドコントローラーの場合、1台あたりの最大接続数は、K2は3台。Kara IIは6台。

・機材周りがコンパクトになるのは大きなメリットですね。

さらに輸送のためのトラックも減ったんです。これまで11tトラックを2台で収まらなかったプランが充分収まるようになったんですよ。これは制作サイドへの大きなアピールポイントにもなりますよ。

アップグレードのチャンスを活かす、A10の導入

・KaraではK2の置き換えにはならなかったのでしょうか?

ならなかったです。Panflexが無かったのが大きな理由です。Karaはフロントフィルで主に使用していました。

しかしKaraだとフロントフィルで使うには出力が大きすぎました。もったいない使い方をしていたと思います。そこでこの度A10を導入しました。ちょうどいいですよ。そんなに(出力を)絞ることもなく使えます。

・フロントフィルのA10も含め、この度の導入はとてもよく考えられているのですね。

安い予算でうまくいきました。大成功です。



・アップグレードをした感想として、Kara IIはKaraユーザーへおすすめできますか?

そうですね。Panflexが使えるメリットはとてつもなく大きいと思います。Karaはサイドフィルで吊ることもありましたが、110°は広すぎました。Kara IIなら70°で使えます。

Kara IIのPanflexは3種類のスピーカーの振る舞いをしますね。1個のスピーカーでそれ以上の価値があり便利です。

・永易 様、貴重なお話をありがとうございました。

Kara IIについて



Kara IIの前身であるKaraはコンパクト&軽量な、可変曲率 モジュラー・ラインソース スピーカーとして大成功を収めました。

Kara IIはそのKaraの基本設計はそのままに、K2シリーズなどで定評あるPanflex(パンフレックス)技術を搭載。1台のスピーカーで3種類のカバレッジパターン(70° / 非対称 90° L-R / 110°)を持つことが可能です。

Kara IIのスペック詳細はこちら

Kara II アップグレードキットとは



Kara ユーザーが対象。お持ちのKaraのFinをKara II L-Finに交換することで、Kara IIにアップグレードすることができるキットです。



Finの交換はご自身で行え、新規購入するのと比べて非常に高いコストパフォーマンスでKara IIを手に入れることが可能なお得なプランです。

Kara II アップグレードの手順(英語)はこちら

詳細は弊社営業までお問わせください。

【お電話】
東京:03-6661-3825
大阪:06-6386-8822

【受付時間】
9:00~18:00(土・日・祝日は除く)

お問い合わせフォームはこちら


ヒビノ株式会社 ヒビノサウンドDiv.
事務所:〒135-0062 東京都江東区東雲2-9-23
https://www.hibino.co.jp/

関連記事