音のスペシャリストに最高の製品とサポートを。ベステックオーディオ株式会社がお届けします。

SB15m

コンパクト・ハイパワーサブウーハー

■ 低域再生限界:40Hz・高パワーハンドリング・低歪・低サーマル
  コンプレッション
■ プログレッシブベントによるピーク音圧の増加とタービュランス
  ノイズの低減
■ アンプリファイド・コントローラーによる高度なシステムドライブ
  と保護
■ DSP カーディオイドプリセット(対称/ 非対称)
■ XTシリーズとKIVA に対応
■ ホワイトバージョンとRAL 特注色対応
  • テクノロジー
  • システム
  • スペック
  • 2004 年にL-ACOUSTICS は新たな回折モデル「DED」を開発しました。DED(The Distributed Edge Dipole)はAES ジャーナルに発表され、低域サウンドデザインに論理的で予測可能な方法論を提供します。
    DED モデルは、スピーカーから放射した音がキャビネットエッジで回析する際に発生する、位相反転や群遅延について説明したものです。DED モデルは、エンクロージャーのサイズや、物理的なカーディオイドアプリケーションのモデリングに適用されています。最新のサブウーハー設計には、ピーク音圧の増加を目的とした超低振動璧と、タービュランスノイズの大幅な削減を担うプログレッシブ形状ベントを採用しています。
    L-ACOUSTICS サブウーハーは、最新の音響特性、信号処理、コンポーネントの技術革新により、固定設備やツーリングなどの使用用途や、複数の動作モードに関わらず、優れたレベルのパフォーマンスを提供します。

  • SB15mは、L-ACOUSTICSのKIVAとXTシーリズのエンクロージャーとの併用に最適です。SB15mを加えると、再生周波数を40Hzまで広げることができます。

    バスレフ型のエンクロージャーには特別にデザインされた15インチのトランスデューサーが組み込まれており、インパクトのある高感度な効果、低いサーマルコンプレッション、そして低歪を生み出します。プログレッシブベントによるピーク音圧の増加とタービュランスノイズの低減の特性をあわせ持ち、精度と音楽性の点でこの上ない音質を得られます。SB15mキャビネットには高品質のバルチック・バーチの積層合板を使用し、優れた音響特性とメカニカル性を実現しています。

    SB15mキャビネットには、ポールマウントソケットが装備していますので、XTエンクロージャー1台やKIVA2台をポールマウントすることが可能です。SB15mは単独の垂直アレーとしてフライングやスタッキングでき、またSB15mとKIVAアレーと組み合わせることも可能です。

    SB15mは、LA4XまたはLA8jpによってドライブされ、カーディオイドモードを含ん だ、システムのリニアライズ、プロテクションの最適化が可能になります。

  • ●タイプ:
     バスレフ
    ●アンプリファイドコントローラー:
     LA4X、LA8jp
    ●周波数特性(-10dB):
     40Hzまで ([SB15_100]プリセット)
    ●最大音圧レベル:
      137 dB ([SB15_100]プリセット)
    ●指向性(-6db):
     スタンダードかカーディオイド
    ●トランスデューサー:
     1 x 15"
    ●リギング:
     35mm ポールマウントソケット
     フライング時:KIBU-SB
    ●IP/UV 等級:
     IP:IP55、UV:6
    ●サイズ:
     W x H x D = 579 x 493 x 520mm
    ●重量 :
     36 kg

コンポーネント

  • 5XT

    5XT

    小型コアキシャルスピーカー

  • X8

    X8

    小型コアキシャルスピーカー

  • KIVA

    KIVA

    モジュラーWSTラインソース

  • LA4X

    LA4X

    4in 4out DSP搭載 4ch パワーアンプ

  • LA8jp

    LA8jp

    2in 4out DSP搭載 4ch パワーアンプ

製品検索

条件から探す

設置規模から探す

フリーワードから探す