音のスペシャリストに最高の製品とサポートを。ベステックオーディオ株式会社がお届けします。

LA8jp

2in 4out DSP搭載 4ch パワーアンプ

■ DSP搭載・ネットワーク対応・パワーアンプ
■ ハイグレード 24bit A/Dコンバーター、130dBダイナミックレンジ
■ 32bitフローティングポイント SHARC DSP、96kHzサンプリング
  レート
■ 2ch イン、4ch アウトのパワーセクション
■ 4 x 1800W (4Ω)
■ IIR / FIR2つのフィルター・アルゴリズム
■ L-DRIVEシステム・プロテクション
■ L-Acousticsスピーカーシステムのプリセットライブラリーを搭載
■ LA Network Managerでリモートコントロールと
  モニタリング
  • テクノロジー
  • システム
  • スペック
  • L-Acoustics のアンプリファイド・コントローラーは、LA Network Managerと統合された単一の人間工学的パッケージで、高性能で効率的なスピーカー・アンプリング、96 kHz 32ビット浮動小数点DSPと包括的なシステム保護を提供します。

    LA12X、LA4X およびLA2Xiは、DSP 制御PFCを搭載した独自のSMPSに依存し、100V から240Vまで、不安定な電源に対する高耐性を持つ最高の低域再生のための優れたエネルギー(電力x 保持時間)を提供します。
    すべてのアンプリファイド・コントローラーは、アナログおよびAES/EBU入力を持っています。LA4XおよびLA12X には、AVBブリッジとMilan/AVBプロトコルに準拠したリスナーも含まれています。自動フォールバック機能により、定遅延・定レベルでのリダンダントが可能なオーディオパスを設けられます。

    DSPはIIR・FIRフィルターの組み合わせにより、完全な線形位相曲線とリアルで透明かつ自然な 音のベースとなる優れたインパルスレスポンスを生み出します。固定設置の場合、SNMP、QSC QSYS、CRESTRON およびEXTRON を使用して、アンプリファイド・コントローラーの外部制御が可能になります。

  • DSP
    独自のアルゴリズムは、サンプリングレート96kHzでSHARC32ビットフローティングポイントのDSPエンジン内で処理されます。IIRフィルターとFIRフィルターを合体させた革新的なアプローチによって完璧なフェイズカーブが描かれ、システムのインパルスレスポンスが著しく向上します。さらには、均一かつ自然でクリアー、そしてリアルなサウンドを体感できます。2つの24ビットA/Dコンバーターは、130dBの驚くべきダイナミックレンジをもたらします。 新しいL-DRIVE保護機能は、信号の強さと電圧の両方を、リアルタイムとRMSで二重に検知します。コンポーネントの振幅が許容範囲を超えたり、コイルの温度が危険なほど上がってしまったりして異常な状況下におかれると、L-DRIVEがパワーレギュレータとして作動します。その結果、どのチャンネルに届けられるパワーもそのチャンネルの各トランスデューサーのパワーハンドリング容量内に調整され、最高のダイナミックレンジを得ながらシステムのパワーリソースを最適化することができます。
    プリセットライブラリーとユーザープリセットにより、L-Acousticsのスピーカーシステム構成すべてにワンタッチでアクセスすることが可能です。

    AMPLIFICATION
    全2入力・4出力ドライブ・アンプチャンネルがシステムに適した柔軟性を与えます。LA4のパワーレンジはチャンネルごとに4×1000W@4Ω、LA8は同じく4×1800W@4Ωになっており、どのL-Acousticsスピーカーシステムにも完璧にマッチするパワーを生成します。 軽量・2Uサイズでありながらも、操作性に優れた効率の良いコンポーネントは、優れた信頼性を誇り、ライブサウンドの現場で求められる非常に広いダイナミックレンジのコントロールを実現します。

    USER INTERFACE
    フロントパネルのユーザーインターフェイスを使えば、2イン4アウトになっている設定を素早く変更できます。ロータリーエンコーダーでユーザーメニューを開くと、LCDディスプレーにはシステムパラメーターがリアルタイムで視覚化されます。コマンドを使うとミュート、ゲイン、プリセットの選択、ディレイと極性の設定を行えます。メニューページからは直感的かつスムーズな操作が可能です。標準の内蔵プリセット・ライブラリーに加えて、10あるユーザーロケーションのひとつにご自分の設定をデザインして保存することが可能です(標準のプリセットテンプレートから初期化します)。

    LA8jp

  • ●出力パワーEIA (1% THD、1 kHz、全チャンネルドライブ):4 x 1100 W 連続 /
     4 x 1300 W ピーク (8Ω時)、4 x 1800 W 連続 / 4 x 2500 W ピーク (4Ω時)
    ●最大出力電圧:150 V (ピーク電圧、無負荷)
    ●回路:クラス D
    ●デジタル・シグナル・プロセッサー(DSP):SHARC 32 ビット/浮動小数点、96 kHz サンプリングレート
    ●周波数特性:20 Hz-20 kHz (±0.15 dB 8 Ω時)
    ●歪み THD+N:< 0.05 % (20 Hz-10 kHz、8 Ω、定格パワーより-11 dB にて計測))
    ●出力ダイナミックレンジ:107 dB (20 Hz-20 kHz, 8 Ω, A-ウェイト)
    ●増幅ゲイン:32 dB
    ●ノイズレベル:-67 dBV (20 Hz-20 kHz, 8 Ω, A-ウェイト)
    ●チャンネルセパレーション:> 85 dB (1 kHz時)
    ●ダンピングファクター:> 600 ( 8 Ω、1kHzと以下)
    ●最大出力パワー:各CH 1800W (4CH 同時 負荷 4Ω)、各CH 1100W (4CH 同時 負荷 8Ω)
    ●オペレート電圧:100か200 V ±10 %, 50-60 Hz
    ●オペレート温度:0℃~ 50℃(外気温度)
    ●保護回路:トランスとヒートシンクの温度監視、突入電流制限、電源サプライの障害と過電圧検出、出力DC保護、
     出力過電流保護
    ●トランスデューサー保護:L-DRIVE 温度と偏移量を監視
    ●ファン:感熱式可変ファン x 2
    ●インジケーター: LED=負荷、信号
    ●フィジカルデータ:寸法=483(W)x420(D)x88(H)mm、重量=12.2kg重量、塗装=黒・灰色
    ●IP:IP2X

関連商品

  • ARCS II

    ARCS II

    コンスタントカーバチャーWSTラインソース

  • K2

    K2

    ラージ・フォーマットWSTラインソース

  • K1

    K1

    ラージ・フォーマットWSTラインソース

  • K1-SB

    K1-SB

    フライングハイパワー・サブウーハー

  • SB28

    SB28

    ハイパワー・サブウーハー

  • LA Network Manager

    LA Network Manager

    LA2Xi、LA4X、LA12X、LA8jp、P1
    コントロール&モニタリングソフトウェア

製品検索

条件から探す

設置規模から探す

フリーワードから探す