音楽クリエーター、プロデューサー、エンジニア、ミキサーは、Macラップトップからオブジェクトベースのバイノーラルオーディオ構成を作成することができます。

2022年3月
昨年4月、L-AcousticsはL-ISA Studioソフトウェアスイートを発表し、音楽クリエーターのための空間サウンドの可能性を広げました。L-ISA Studioは、サウンドデザイナー、プロデューサー、ミキシングエンジニアに最適なツールであり、L-Acoustics L-ISAテクノロジーのパワーと汎用性を活用し、サウンドクリエイターがいつでもどこでも没入型のオーディオをデザインできるようになりました。本日、L-Acousticsは、L-ISA Studioへのアクセスをさらに良くするため、バイノーラル出力機能を期間に関係なく無料で提供します。このソフトウェアはすべてのMacコンピュータに対応しており、L-Acousticsのウェブサイトから入手できます。

L-ISA Studioのバイノーラルエンジンにより、ユーザーはノートパソコンからヘッドフォンやオプションのヘッドトラッキングを使用して、空間化されたオーディオコンテンツを作成し、モニターすることができます。L-ISA Studioソフトウェアは、最大96のオーディオ・オブジェクトを受け入れ、12のオーディオ出力を任意のサウンドカードに送信します。L-ISA Studio内のすべてのバイノーラル機能は、現在、期間に関係なく無料です。

「Apple Music、Tidal、Amazon Musicのようなプラットフォームが空間サウンドを可能にする中、没入型で直接音楽を構想する能力は贅沢なものではなく、必要なものです。」と、L-Acousticsのクリエイティブテクノロジー担当エグゼクティブディレクター、ギョーム・ル・ノストは説明します。「このため、L-ISA Studioを市販のデジタル・オーディオ・ワークステーションで誰でも利用できるようにすることが重要だと考えています。L-ISA Studioは、ユーザーが空間オーディオの次元を探求し、他のクリエーターとアイデアを共有するための素晴らしいプラットフォームです。

マルチチャンネル・モニタリングへの架け橋

有償版では、ミキシングエンジニアやクリエーターが、最大12台のラウドスピーカーを備えたマルチチャンネルミキシングやレコーディングスタジオにL-ISA Studioを導入し、マルチチャンネルモニターとして使用することができます。ライブプロダクションのためにソフトウェアスイート「L-ISA Studio」でプリプロダクションを行い、「L-ISA Processor」を使って会場の構成にシームレスに移行することが可能です。

L-ISA Studioは、すべてのサウンドクリエイターのワークフローを改善し、創造力を引き出すために開発され、主要なデジタルオーディオワークステーション、ショーコントロールソフトウェア、およびゲームエンジンとシームレスに連動します。また、Dolby Atmosなどのマルチチャンネル構成を含む、さまざまな3Dオーディオフォーマットとの互換性を備えています。

エレクトロニック・アーティストであるLatroit(ラトロイト)は、最近の曲『Dance My Tears Away』をL-ISA Studioを使ってバイノーラルオーディオで制作・ミキシングしていますが、そのユーザーインターフェースのシンプルさについてコメントしています。「グラフィック・インターフェースは、360のミックス・フィールドのどこに音があるかを視覚的に表現しており、音を簡単に移動させたり、後ろや前に出したり、すべてを非常に直感的に行うことができます。L-ISAを使えば、音楽をミックスするのが楽しくなります。自分が楽しみながら作ったものであれば、人は楽しく聴くことができると思うのです。」

L-ISA Studioのバイノーラル機能を備えた無償版とサブスクリプション版は、estore.l-acoustics.comで入手できます。オーディオエンジニアのプログラムに在籍している学生には割引が適用されます。

L-ISA Studioの詳細については、https://www.youtube.com/watch?v=MAUozU6ylrk をご覧ください。

ダウンロードは、https://www.l-acoustics.com/products/l-isa-studio/

いつでもどこでもノートパソコンとヘッドフォンがあればL-ISAを使用できます(左)
L-ISA Studio 2.4 はMACで使用します(右)