TOP > ブログ > ISE2020 より L-Acousticsの最新情報をお届け
PickUP
2020/02/13

ISE2020 より L-Acousticsの最新情報をお届け

Hiroyuki Tanabe
ブログ
世界最大のプロAVショー 「ISE 2020」 よりL-Acoustics の情報をお届けします。

ISE(IntegratedSystems Europe) 2020は、2月11~14日 オランダ アムステルダムのRAIで開催されている、AVとシステムの統合に関する世界最大の展示会です。
https://www.iseurope.org/


Kara にPanflex を搭載した KaraII
A15シリーズの設備バージョン KS21i,A15i Focus,A15i Wide

KARA II ロングスロー ラインソース

KaraにPanflexTM を搭載し、さらに柔軟性を柔軟性を高めました。Kara II単体で、左右に70°と110°対称、左右に90°非対称の4つの水平指向性パターンを提供します。

指向性の正確なコントロールにより、70°の設定は110°の設定に比べて2 dB増加し、スロー能力が向上します。 この Panflexと0°〜10°の範囲でエンクロージャー間の角度設定が行えるので、Kara IIラインソースのカバレッジをあらゆる観客のジオメトリに正確に合わせることができます。 KARA IIのさらに詳細はこちら

A15i Wide/Focus ミディアム スロー ラインソース

Aシリーズの一つであるA15i Wide/Focusは、ミディアムスローの固定設備のためにデザインされた、設備バージョンです。

A15iは、ツアーリングバージョンのA15と同じ音響性能を持っていますが、マウンティング ハードウェアをシンプルにしました。

A15i Focusは、エンクロージャー角10°、A15i Wideは、エンクロージャー角30°となっており、その角度と同等で確実に制御された指向性を持ち、高出力で、最大45mの距離をカバーします。可変するPanflexにより、ユーザーは指向性を観客席の形状に合わせることができ、優れた安定性の高い周波数レスポンスを確保できます。



A10i Wide , A10i Focus
コネクターからの 水やほこりの進入を防止

A10i Wide/Focus ミディアム スロー ラインソース

Aシリーズの一つであるA10i Wide/Focusは、ミディアムスローの固定設備のためにデザインされた設備バージョンです。

A10iは、ツアーリングバージョンのA15と同じ音響性能を持っていますが、マウンティング ハードウェアをシンプルにしました。

A10i Focusは、エンクロージャー角10°、A10i Wideは、エンクロージャー角30°となっており、その角度と同等で確実に制御された指向性を持ち、高出力で、最大35mの距離をカバーします。可変するPanflexにより、ユーザーは指向性を観客席の形状に合わせることができ、優れた安定性の高い周波数レスポンスを確保できます。

LA2Xi 設備向 4ch アンプリファイド コントローラー


設備用 4ch アンプリファイド コントローラー LA2Xiは、L-Acousticsの小型スピーカーのドライブ用にデザインされており、4x4シングルモードで音圧レベルをそれほど必要としない小型スピーカーをドライブし、音圧レベルを必要とするスピーカーのために各種ブリッジモードが使用できます。

フラッグシップのLA12Xと同じDSPエンジンを搭載し、スピーカーのコントロール、保護、モニタリング、システム調整とキャリブレーション用の包括的なツールを搭載しています。入力はアナログ、AESに加え、AVBにも対応しています。


デモルームでは プレゼンテーションも実施されていました。

関連記事