TOP > ブログ > Women in Pro Audio: フリーダ・リー氏のインタビュー
2021/08/24

Women in Pro Audio: フリーダ・リー氏のインタビュー

Hiroyuki Tanabe
ブログ
「自分の仕事を好きになること。学び続け、新しいテクノロジーを理解する能力を養い続けること。そしてテクノロジーを恐れてはいけません。これは特に女性に言いたいことです。」

プロオーディオ業界は、それを支えている男女の存在なくしては語れません。ライブイベントやプロオーディオは、才能ある人々によって運営されているからです。彼らは、私たちの身体を動かし、感情を解放し、聴覚的な刺激で私たちを共感させる、ライブイベントの心と魂です。大抵の人々は、完売したコンサートで完璧なオーディオシステムをセットアップするために、どれほどの汗をかき(時には血と涙を流し)、どれほどの努力をしているかを知りません。ショーが成功するためには、すべての音が完璧にクリアに聞こえ、ゲストの体験を損なうことがないようにすることが重要です。そして、これらを実現している人たちの中には、このアーティスティックな技術を持ち、業界でもっと評価されるべき人たちがいます。それは女性たちなのです。

今月も、プロオーディオ界の多くの驚異的な女性たちの功績を称える、L-AcousticsのWomen in Pro Audioシリーズの新たな1章を開きたいと思います。サウンドミキサーからエンジニア、オーナー、そしてその間の立場にいる女性まで、この業界に欠かせない人たちにスポットを当てています。彼女たちは自分の才能を提供し、自分自身の忍耐力と革新的な技術でプロオーディオの分野を向上させています。今回のWomen in Pro Audioシリーズでは、L-AcousticsのAPACアプリケーションエンジニアであるフリーダ・リー(Frieda Lee)さんにお話を伺いました。

リーさんは高校生の時、音楽が好きで学校のオーケストラに参加しました。この音楽への愛は、人生の使命のようなものに変わりました。音楽は自分の人生の一部であると常に感じていた彼女は、香港パフォーミング・アーツ・アカデミーへの入学を希望しました。この地域から選ばれたのは1,000人のうち7人だけで、彼女は幸運な一人でした。リーさんは現在、香港パフォーミング・アーツ・アカデミーで、サウンドデザインとレコーディングの美術学士課程を受けています。卒業後は、これらの分野で活躍する予定です。

現在、リーさんはL-Acousticsのアプリケーションエンジニアとして、トレーニングセミナー、サウンドデザイン・サポート、システムキャリブレーション、オンサイト・サポート、製品デモなどを行っています。彼女は、プロオーディオの最新情報を知りたい人には、プロオーディオ雑誌を読むことを勧めています。もっと学びたいという方には、L-Acousticsのオンライン教育プラットフォームを確認することを強く勧めています。彼女はまた、プロオーディオの将来は、イマーシブ・ハイパーリアル・サウンドにあると確信しています。

仕事柄、現場に行くことが多いため、これまでにいくつかの素晴らしいショーを体験してきました。彼女のお気に入りは、2019年に開催された「ベトナム航空クラシック ハノイコンサート」だそうです。このコンサートは、ロンドン交響楽団のハノイへの3度目の再訪を記念したもので、約100人のアーティストが参加し、200年以上前に作られた珍しい楽器が多く登場しました。リーさんは、「若い頃にオーケストラに所属していたせいで偏見があるかもしれませんが、ベトナム航空クラシック・ハノイ・コンサートに参加できたことをとても喜んでいます。ロンドン交響楽団によるL-ISAのベトナム初の公演でした。才能あるアーティストたちのために、素晴らしいオーディオシステムのセットアップに参加できたことはとても光栄でした。誰もがその結果に満足しており、とても素晴らしい公演でした!」

もしリーさんがこの業界で何かひとつ変えることができるとしたら、未来の音響業界はもっと環境にやさしく、パッケージや電力使用量が少なく、完全にリサイクル可能な製品になることを望んでいます。プロセッサー/DSPは、以前のものに比べて消費電力が少なくなっています。L-Driveプロテクションを搭載した当社のアンプリファイドコントローラーは、出力パワーを最大化し、ノンリニア化を最小限に抑えることができます。今後、オーディオ業界が環境対策に力を入れてくれることに期待しています。」

環境に配慮した思想はさておき、私たちはリーさんに、この業界の女性として、何かユニークな問題に遭遇したかどうかを尋ねました。彼女の答えはとても意外なものでした。「今では、女性でも男性と同じように仕事ができますし、体力のない女性でも仕事ができます。新しい技術のおかげで、オーディオ機器(デジタルコンソールやアンプなど)は以前よりも小型・軽量化されています。また、設営に必要なツール(フォークリフトや油圧リフトなど)もたくさんあります。私たちの生活はとても楽になりました。」リーさんがこの業界の他の女性たちにアドバイスすることは「おそらくすべての業界に当てはまることですが、自分のやっていることを好きになることです。プロオーディオ業界に入る前に、『プロオーディオ業界に興味があるのか 』と自問してみてください。その答えが、あなたの選択を決定づけるのです。そして、常に学び続け、新しいテクノロジーを習得する能力を高めてください。テクノロジーを恐れてはいけません。これは特に女性に言いたいことです。テクノロジーは私たちの生活を向上させてくれますし、プロオーディオ業界でもそうです。自分自身のモチベーションを高め、ポジティブでいてください。常にやる気を出してください。また、愚かであり続けること。そうすることで、限界を超えることができるのです。」彼女がこれまでに受けた最高のアドバイスは?「行動する前に考えなさい」とのことです。

リーさんの経験は、オーディオの技術分野に参入しようとしている女性に勇気を与えるものです。彼女は他の女性たち、特にアジアの女性たちがもっとオーディオに積極的に参加するように働きかけています。

私たちがリーさんに、これまでのキャリアで誇りに思っていることはあるかと尋ねたところ、彼女は敬意を込めて控えめにこう答えました。「私はこれまでに手がけたほとんどのプロジェクトを楽しんでいますし、すべての経験に感謝しています。でも、何かを誇りに思っているかどうか、誇りに思いたいかどうかはわかりません。中国には『おごれる者は久しからず』ということわざがありますから。」

新型コロナウィルスのパンデミックという問題について質問されたリーさんは、「ライブイベントは徐々に通常に戻っていくと確信しています。パンデミックの状況下でも、私たちのライブイベントは止まりません。フォーマットを変えて、『ライブストリーミング』と呼べばいいのです。バーチャルセットを使うなど、テクノロジーでライブイベントを補うことはできます。しかし、ライブイベントは辛抱強く、すぐに本格的に復活し、以前よりもさらに良いものになると確信しています。」


 

関連記事