TOP > ブログ > クラウン・シアター・パースはL-Acoustics K2でブースト・アップ
コラム
2019/05/27

クラウン・シアター・パースはL-Acoustics K2でブースト・アップ

Clemence
ブログ
2019年5月
西オーストラリアで最も有名な音楽とエンターテイメント施設のひとつであるクラウン・シアター・パースは、AAA Productions とJandsに、新しいL-Acoustics K2 PAシステムの注文し設置を行いました。

Crown Theatre Perthは、西オーストラリア州バースウッドにある、西オーストラリア州で最高の総合リゾート「Crown Perth」にあります。このリゾートは、一流のエンターテイメント施設として定評があり、一流の国内外アーティストが娯楽活動や文化イベントを数多く開催しています。ディズニーの『ライオンキング』と『アラジン』、『マチルダ』、『マンマミア』など、数々の賞を受賞したミュージカルのプロダクションの他、ティム・ミンチン、アイスハウス、ノエル・ギャラガー、そしてオーストラリア・バレエ団など印象的なプログラムを提供します。

 Crown Theater Perthのメインシステムは11台のK2によるハングで構成されています

2017年にクラウン・シアター・パースは、現在の世界クラスの評判を確実にし、ビジネスの可能性を高める、ハイエンドのPAシステムを固定設備として導入することを決定し、プロ・オーディオ・ サービス・プロバイダーと L-Acousticsレンタル会社であるAAA Productionsに依頼しました。

AAA Productionsのディレクター、Neil Campbellは、次のように述べています。「クラウン・シアター・パースが固定設備としてフルシステムを設置することは当たり前だと感じました。私たちは、特にL-Acousticsをレンタルしてきたおかげで、会場と長年にわたり良い関係を築いてきました。そのため、そこにいるスタッフは私たちの技術と高い基準のサービス、サポートを心得ていました。また、彼らが固定設備のフルSRソリューションを考えることは理にかなっていました。この導入により、世界のアーティストやプロダクションをより多く引き付け、劇場の評判をさらに高めることができるでしょう。」

クラウン・シアター・パースの主な課題の1つは、リギングポジションの追加と安全荷重(SWL)における制限でした。L-Acoustics、Crown Theatre Perth、AAAは、引き渡しの前に12か月のリーサーチ期間を設け、最適なシステムを設置するためにすべての建築上の課題を克服できるようにしました。

「K2の驚くべきパワー:重量レシオは大きな利点となりました」とCampbell氏は説明します。「K2は、リギング制限の厳しい音質とカバレッジを重視する会場に最適です。」

1年間の計画と予算編成の後、クラウン・シアター・パースのL-Acousticsシステムの設置は2018年11月に完了しました。

新しいシステムは、11台のK2ラインソースエレメントと、8台のKS28サブウーハーそして、4台のKiva IIによるセンターフィルで構成されています。3台のARCS IIによる2つのスタックはインフィルとして配置され、それぞれ6台のX8による2つのディレイ リングは特等席と1階前方のS席に配置されました。システム全体がLA Network Managerを介して制御・監視される一方、すべてのエレメントはLA12Xアンプリファイド・コントローラによってドライブされます。

 CTPのシステムは、各側に配置されたK2ハングとKS28ハングと、Kiva IIのセンターフィルで構成されています

 3台のARCS IIによる2つのスタックはインフィルとして配置され、それぞれ6台のX8による2つのディレイリングは特別席と1階前方のS席に配置されました

新しいシステムの初期設計は、L-Acousticsの3Dモデリングソフトウェアとアコースティック・シミュレーションツールの「Soundvision」を使ってAAAのNeil Campbell氏とJohn Kerns氏と共に、Crown Theatre Perthの元テクニカル・オーディオ オペレータのチーフ Jordan Gibbs氏によって行われました。その後、Crown Theatre Perthの現在テクニカル・オーディオ オペレータのチーフ、Jason Brown氏が、L-AcousticsアプリケーションエンジニアのJulien Laval氏による最終的なキャリブレーションを使用してデザインをインストールしました。

「システムがスペースに適合されていることを確認することが重要でした」とCampbell氏は述べます。「それは、将来あらゆるプロダクションや全てのオーディエンスに、スムーズで優れた品質のSRを提供していくでしょう。その結果に非常に満足しています。周波数レスポンスとSPLカバレッジを実際の測定値と比較したのですが、 Soundvisionの予測の精度は驚くべきものです。」

オーストラリアのL-Acoustics認定プロバイダディストリビュータ「Jands」のブランドマネージャを務めているGerry Gavros氏は、この経験について次のように述べています。「AAAのNeilさんは、私たちJandsと定期的にコミュニケーションを取り、調査、提案、納入、そして設置後の各段階において、クライアントに継続的なサポートを提供し、劇場のスタッフから感謝をされていました。」

「新しいL-Acoustics K2システムで、私たちはすでにいくつかの注目されるショーに取り組んでいます。この業界をリードするPAシステムを提供できることを誇りに思っています。」とCrown Theatre Perthの技術マネージャーShona Treadgold氏は述べています。それは会場の音質とカバレッジを根本的に改善し、顧客と観客の両方から素晴らしいフィードバックが寄せられました。このシステムによって、Crown Theatre Perthが世界最高レベルのパフォーマーや演劇作品を、間違いなく引き付けていくでしょう。」

関連記事