TOP > ブログ > L-Acoustics、AV Awards 2020の3部門で最終候補に選出
コラム
2020/08/27

L-Acoustics、AV Awards 2020の3部門で最終候補に選出

Hiroyuki Tanabe
ブログ

L-AcousticsがAVアワード2020の3部門の最終候補に選ばれました。

AV Awardsとは?
AV Magazineは毎年、AV業界への貢献が認められた、優れたAV専門家や企業を表彰しています。また、AV市場の各部門から1,400人の世界的なAV専門家が一堂に集まり、この業界を優れたものにしているすべてのものをネットワーク化して祝う、業界最大かつ最も権威のあるイベントとなっています。今年は、多様性、包括性、継続能力、雇用能力において新たな基準を設定している企業を表彰することで、レベルをさらに高めています。先進的な考え方や環境対策に加えて、各企業は創意工夫や革新性、AV業界に永続的な印象を与える能力も評価の対象となります。

L-Acousticsは、3つものカテゴリで最終候補に選ばれました。
選ばれたカテゴリは次の通りです。米国ARTECHOUSEデジタルアートスペースのThemed Entertainment and Attractions Project of the Year(テーマ・アトラクションパークプロジェクト賞)、M1 調整と監視ツールのControl and Management Technology of the Year(監視・管理技術賞)、L-Acoustics AシリーズのAudio Technology of the Year(オーディオテクノロジー賞)です。

ARTECHOUSE: Themed Entertainment and Attractions Project of the Year
ARTECHOUSEは、世界で最も技術的に進んだアートプラットフォームを来場者とアーティストに提供し、観客とアートを結びつけ、テクノロジー、科学、創造性の可能性への関心を刺激しています。メディアアーティスト、ディレクター、人工知能美学のパイオニアでもあるレフィク・アナドル(Refik Anadol)氏によって制作されたミックスリアリティの実験「Machine Hallucination(機械の幻覚)」は、ニューヨークのARTECHOUSEでの初の大規模なインスタレーションでした。アナドル氏は、音楽・サウンドデザイナーのケリム・カラオグル(Kerim Karaoglu)氏と協力して、ニューヨークのサウンドアーカイブと人工知能を組み合わせた印象的なサウンドデザインを作曲しました。Barco社の解像度16K、150メガピクセルのレーザー投影技術を利用したARTECHOUSEは、最大のシームレスなメガピクセル数を統合した初めての文化施設となり、すべてのピクセルを最も広いカラースペクトルで生き生きと映し出します。ARTECHOUSEのプロダクションディレクターであるリキ・アリオラ(Riki Arriola)氏と彼のチームがカスタムAVシステムを設計し、See Factor Inc.が設置しました。このインスタレーションには、L-ISA Immersive Hyperreal Soundテクノロジーが含まれています。このテクノロジーは、クリエイターがサウンドオブジェクトをデザインし、インスタレーションに付随するビジュアルに割り当てられた完璧な3D空間に配置することで、ストーリー性を高めることができます。32の独立したチャンネルを搭載しているため、アーティストは、ライブや録音された作品に、新たな多次元のサウンド体験を創造し、提供することができます。

M1: Control and Management Technology of the Year

L-Acousticsは、3DリアルタイムオーディオデザインソフトウェアであるSoundvisionを最初に導入しました。このソフトウェアは、デザイナーが複雑な会場のサウンドシステム構成を決定するために、SPLカバレッジ、マッピング、ディレイカバレッジを計算することができます。その後、コントロールソフトウェア「LA Network Manager」が発表され、L-Acousticsのサウンドシステムは、設計から設置、システムチューニング、ライブモニタリングまで、完全なターンキーとなりました。

2020年にLA Network Manager 3がリリースされると、L-Acousticsは、測定・監視ツールの包括的なセットであるM1スイートを導入し、業界をリードするSRシステムの制御・監視ソフトウェアを新たなレベルに引き上げました。データ取得からシステムチューニング、ライブモニタリングに至るまで、M1スイートはL-Acousticsプロセッサとアンプリファイド・コントローラーのパワーを活用し、システムのキャリブレーションプロセスを合理的に行い、リアルタイムのパフォーマンスモニタリングを提供します。

Audio Technology of the Year

2019年に発表された最新のラウドスピーカーファミリー、Aシリーズコンスタントカーバチャー・ラインソースアレイは、50人から5,000人までのオーディエンスをカバーするために、あらゆるAV会社にとって最適なスターティングモデルになります。Aシリーズは、L-Acousticsの特徴であるライダー適応性の高いクオリティを、週末のローカルイベントの音響サポートを行うプロフェッショナルから、地域や国のプロジェクトに携わるフルタイムのサウンドプロバイダーまで、幅広い用途に適応します。また、主業務が照明・映像のサプライヤーが、業務を拡大してAVのサポートを全面的に提供したいと考えている場合にも最適なツールです。

Aシリーズは、L-Acousticsの特徴である定曲技術を最大限にシンプルに進化させ、ユーザーが変更できる 70°または110°対称、または90°非対称のディスパーションを提供するPanflex可変曲率の柔軟性を追加しました。4つの定曲率エンクロージャーA15 Focus、A15 Wide、A10 Focus、A10 Wideと専用サブウーハーKS21からなるAシリーズは、柔軟なカバレッジオプションを提供します。最大45メートルのスロー距離と144dBの最大出力を誇るAシリーズは、複雑な形状をしたオーディエンスエリアを持つ会場や、あらゆる建築物の障害にも対応します。

今年のAV Awardsは、2020年11月20日にロンドンで開催されます。AV Awardsのウェブサイトには、「何が起こっても、私たちは準備ができています。私たちの新しいプラットフォームは、ソーシャルディスタンスを保ちも参加できるようにします。今すぐ予約して、思い出に残る夜を予定に入れてください!」と書いてあります。


L-Acousticsを支えた素晴らしいチームの皆さん、おめでとうございます。

関連記事