TOP > ブログ > 新しいL-ISA Studioでいつでもどこでも空間オーディオを制作
2021/04/30

新しいL-ISA Studioでいつでもどこでも空間オーディオを制作

Hiroyuki Tanabe
ブログ
2021年4月
L-Acoustics、L-ISA Studioソフトウェアスイートの発売とL-ISAエンジンのアップグレードにより、空間オーディオ制作のワークフローを一新

L-Acousticsは、新しいL-ISA Studioソフトウェア・スイートとアップグレードされたL-ISAエンジンにより、空間オーディオ・コンテンツ制作のワークフローを刷新し、革新的なアプローチで新たな境界を切り開きます。L-ISA Studioは、サウンド・デザイナーやミキシング・エンジニアを念頭に置いて設計されており、無数のクリエイティブなイマーシブ・オーディオの体験を可能にします。L-ISA Studioは、コンサートで実績のあるL-ISAテクノロジーのパワーと多様性を、サウンド・クリエイターの手に委ね、いつでもどこでも多次元オーディオを作り出すことを可能にします。

「L-ISA Studioは、すべてのサウンド・クリエーターに、3Dオーディオでの作品を構想、創造、反復、体験する能力を提供します。」と、L-Acousticsのクリエイティブ・テクノロジーズ・エグゼクティブ・ディレクター、ギヨーム・ル・ノスト(Guillaume Le Nost)氏は説明します。「L-ISAライブのプリプロダクションや、新たな没入型体験のサウンドデザイン、さらには7.1.4でのアルバムミックスを行うための完璧なツールです。」

L-ISA Studioには、ハードウェア版のL-ISA Processorと同じ空間オーディオおよびルームエンジンのアルゴリズムが搭載されていますが、ルームエンハンスメント、完全に拡張されたスケール・シミュレーション・モード、バイノーラル出力の機能など、主要な機能が再設計され、改良されています。ソフトウェアとハードウェアの両方に搭載されたこのエンジンは、サウンドデザイナー、コンテンツ制作者、ミキシングエンジニアに、任意のサイズと形状の仮想空間でコンテンツを聴く能力を提供します。コントロール方針、音の軌道、サウンドシステムの動作などを定義し、リアルタイムで実証することができるため、初期段階でクリエイション・プロセスを合理化し、直前の変更を最小限に抑えることができます。

L-ISA Studioのバイノーラル・エンジンにより、ユーザーはヘッドフォンとオプションのヘッド・トラッキング装置があれば、どこでも空間化されたオーディオ・コンテンツを制作し、モニターすることができます。ミキシングエンジニアやクリエイターは、最大12台のスピーカーを備えたマルチチャンネルのミキシングスタジオやレコーディングスタジオにこのソフトウェアスイートを導入し、マルチチャンネルのモニタリングを行うことができます。L-ISA Studioは、L-AcousticsとJH Audioが最近発売したプロフェッショナル・イン・イヤー・モニター「Contour XO」と組み合わせることで、ポータブルなL-Acousticsの3Dサウンド・クリエイション・ツールとリスニング・エクスペリエンスのために活用できます。

L-ISA Studioは、すべてのサウンドクリエイターのワークフローを改善し、創造性を引き出すために開発されたもので、主要なデジタルオーディオワークステーション、ショーコントロールソフトウェア、ゲームエンジンとシームレスに接続することができます。また、Dolby Atmosやマルチチャンネル構成など、様々な3Dオーディオフォーマットの出力にも対応しています。

Auditoriaのディレクターであるスコット・ウィルサレン(Scott Willsallen)氏とそのチームは、ドバイで開催されるExpo 2020の中心となるイマーシブ空間「Al Wasl Dome」の没入型サウンド体験の設計にL-ISA Studioを使用しています。「誰でも、ショーの時間がいかに貴重であるか、そしてその中でサウンドに割り当てられる時間がいかに少ないかを知っています。」と説明します。「L-ISA Studioは、コンテンツ制作者がコンテンツを試聴し、オブジェクトの軌跡を正確にオーサリングするための非常に便利なプラットフォームを提供し、制作に自信を持たせてくれます。L-ISAの創造性は広大であり、L-ISA Studioは、ショーシステムに無駄の時間を費やすことなく、イマーシブ・サウンド技術の可能性を最大限に引き出すことができるツールを提供します。」

L-ISA Studioは、個人・企業を問わず、月額・年額のサブスクリプションをestore.l-acoustics.comで提供されるようになりました。また、オーディオ・エンジニア・プログラムを受講している学生には割引が適用されます。

L-ISA Studio
 
L-ISA Studio



L-ISAイマーシブ・ハイパーリアル・サウンド技術について

2016年に初めて発表されたL-ISAテクノロジーは、ライブパフォーマンスにおけるマルチチャンネルサウンドの設計、処理、ミックス、体験の新しい方法を紹介し、サウンドの未来を形作ることに貢献しました。L-ISA Immersive Hyperreal Soundテクノロジーは、マルチアレイ構成のL-Acousticsスピーカーシステムに、空間処理ハードウェアとソフトウェアベースのオーディオツールを組み合わせ、デザインからショーそのものまで、イマーシブオーディオプロジェクトのすべての段階を管理します。故エンニオ・モリコーネとそのオーケストラ、マーク・ノップラー、ODESZA、Lorde、エアロスミス、alt-Jなど、著名なアーティストが様々な音楽スタイルでL-ISAテクノロジーを使用しています。また、ニューヨークのARTECHOUSEで開催されたRefik Anadolの設立記念展、SPYSCAPE博物館、フランスの歴史テーマパーク「Puy du Fou」、コーチェラ 360° Antarctic Domeなどのインスタレーションにも展開されています。

関連記事