取扱ブランド一覧

  • L-ACOUSTICS
  • MIDAS
  • KLARKTEKNIK
  • whirlwind
  • LIGHT WAND
  • RAT Stands
  • Luminex

商品概要

32入力・16出力・ステージボックス

◆32 MIDAS PROマイクプリアンプ(+48Vファンタム電源)
◆8つの電子バランス、ローインピーダンス、ラインレベル出力
◆IEMシステム用としてULTRANET personal monitoring systemに接続可能
◆スプリッター・モードとスタンダアロンのデジタル・マルチコア・アプリケーションに使用可能なデュアルADAT出力
◆2つのAES-3ポート(AES/EBU)、PAシステムのデジタル入力に直接接続が可能
◆最長100mのCAT5/5eケーブル(STP)によるリモートオペレーション
◆MIDI In/OutによるFOHとステージ間でのMIDIディバイスに双方向で通信可能
◆AES50とULTRANET ネットワーク・ポートには Neutrik etherCONを採用
◆移動用として、耐久性を考慮した頑丈な3U ラックマウント・シャーシ
◆オートレンジ、ユニバーサル・スイッチモード・パワーサプライ
◆Mute-All-Outputs機能により、ステージ上でノイズを出すことなく入力ケーブルの抜差しが可能

イントロダクション

デジタルミキサーは、ライブ・エンターテイメントの制作仕事の流れを全てにおいて事実上の革命をもたらしました。DL32は、世界中、そしてFOHとステージのアーティストを繋ぐ完全な解決方法です。非常に多くの入出力が集結したDL32デジタルステージ・ボックスは、更に革命をもたらすでしょう。

DL32は32 MIDAS PROシリーズのリモートコントロール可能なマイクプリアンプと16アナログXLRリターンをステージ上に供給し、1本のCAT-5/5eケーブルで最大100mの接続を可能にします。
KLARK TEKNIK(ハイエンドのデジタル・オーディオ・プロセッシング業界のリーダー)により可能性のある全てのAES50 SuperMAC技術が開発されました。製品の幅広いスケールは、DL32をとても手軽な物としました。

M32システムの一部として使用する場合、最大64のマイク/ライン入力、32のバランス出力をステージ上に供給することができ、またAES50経由で送られた信号はULTRANETポートからも出力することが可能なため、2つのDL32との組み合わせで最大48台の個々のモニターミックスを供給することが可能です。

既にお分かりの通り、DL32はリモート制御可能なマイクプリアンプ、KLARK TEKNIKのAES50連結性と豊かな専門的な機能により、とても用途が広い32×16のデジタルステージ・ボックスとして様々な解決案を提供でき、優れたコストパフォーマンスを発揮します。
DL32は3Uサイズで厳しいロードツアーに耐えるよう非常にタフに造られ、安価なCAT5ケーブル(STP)で簡単にFOHと繋ぐ事が出来ます。

スペック

◆M32シリーズ専用固定型I/Oユニット
◆32ch アナログMic/Line入力
◆16chアナログ出力
◆EIA3U
◆133H×483W×210D

関連商品

ダウンロード

PDF仕様書

DL32 PDF

DWG仕様書

DL32 DWG

カタログ

M32シリーズ

技術資料

Mシリーズ コンソールと PROシリーズ I/Oボックス間でのルーティング設定について

技術資料

PROシリーズ I/O アップデート方法

ソフトウェア

PROシリーズ I/O アップデーター(Windows)

カタログ

総合カタログ

価格表

MIDAS Retail製品 価格表

価格表

MIDAS 価格表

DL32の関連記事

DL32の納入事例

サポート・メンテナンス

製品の仕様や使い方がわからない、修理や部品の交換などご相談・ご依頼はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

納入に関するご相談など、当社へのお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

TOPへ戻る