取扱ブランド一覧

  • L-ACOUSTICS
  • MIDAS
  • KLARKTEKNIK
  • whirlwind
  • LIGHT WAND
  • RAT Stands
  • Luminex
  • ブランドスライダー2
  • ブランドスライダー2
  • ブランドスライダー2


L-Acousticsレンタルネットワークは、レンタル コミュニティのために開設した、ユーザー間のコミュニケーションを円滑に進めるためのプラットフォームです。

製品ラインナップ

L-ACOUSTICSについて

1984年の創業以来、音の未来を形づくる。社長のChristian Heilが語る、サウンドの未来に対する彼のビジョンとは?

Q:L-Acousticsの将来の展望と、その課題について教えてください。
音について語るとき、私たちはまず専門的・技術的な表現を使います。例えば、SPL(音圧レベル)、指向性、歪み、スローについて話します。この用語は、L-Acousticsチームが過去30年に渡って行ってきた研究を説明するためには不可欠ですが、感覚的な知覚を説明するためにはほとんど不十分なものです。
今日、L-Acousticsグループの今後の課題のひとつは、音との関係を進化させ、再構築することです。私たちが音について考える方法を変えることで、来るべきものが形作られます。つまり、音の未来をデザインし、想像するための新しい道を開くのです。この未来は、音について説明し表現する新しい方法、音に生命を吹き込むためのストーリーを共有することを意味します。もし、その考え方が目に見えない側面を強めるだけなら、私たちはそれを単なる技術的な商品として片付けてしまうでしょう。しかし、私たちの仕事は、技術的なサービスを提供することではありません。私たちは、音の美しさ、意味、感情を表現するアーティストなのです。
私たちの将来の展望は、空間的な側面、視覚的な側面、感情的な側面を提供することです。私たちは、音で絵を描き、音を動かし、生き物のように形を変えて、音とより密接につながることを目指しています。この新しい、より芸術的な側面は、3次元の音の世界を定義するものです。オーディオビジュアルアーティストや作曲家とのつながりを深め、創造的なコラボレーションの新しい世界を切り開くことでしょう。

Q:業界が直面している課題について、どのようにお考えですか?
コンサートに限って言えば、圧倒的に映像の比重が高い。ビジュアルとスクリーンが空間のほとんどを占めている。音はというと、それに合わせたり、横に移動したり、目立たないようにします。このような傾向は、アーティスト自身にも影響を与えるようになりました。アーティストの関心はしばしばビジュアルに大きく依存しますが、サウンドシステムから発せられる音にはあまり注意が払われないのが一般的で、それは彼らがそれを聴かない可能性があるからです。一方、映像は自分の背後にあるため、直接的に映像に対面することになります。
人類学的、歴史的に見ても、私たちは網膜の生き物ですから、視覚的な刺激に非常に敏感です。視覚が支配的です。音はノイズです。多くの場合、それは単なる商品とみなされます。最悪の場合、迷惑行為または公害の一種とされる。このような認識は、ショーやパフォーマンスに不可欠な芸術にとって憂慮すべきものです。音は危険を知らせる信号として認識されていますが、私たちの目的は、音を感情のベクトルに変えることです。私にとっては、このパラダイムシフトが、この業界にとって最大の課題のひとつです。
L-Acousticsグループでは、日々このようなことを心がけています。私たちは、感動を育む「体験」という概念にこだわっています。私たちがお客様に提供する体験は、この情緒的、知的、そして本質的な音の美しさのつながりを再発見することをコンセプトにしています。これが、この会社を設立したときの私の夢でした。このビジョンのもと、私は最高の専門家と情熱を持った人々を集め、私たちの革新的な技術によって、音の美しさとの感動的なつながりを織り成す手助けをしています。


イノベーションに挑む L-Acoustics の歴史
素粒子物理学の博士号を取得後、音に対する情熱をさらに追求したいと考えたChristian Heilは、物理学の実用的なソリューションをオーディオ業界に適用したいという思いからL-Acousticsを設立しました。


Christian Heilがウェーブフロント・スカルプチャー・テクノロジー(WST)理論に関する革新的な論文を発表する。初のフルバンドのコヒーレント・ラインアレイであるV-DOSCを発表し、L-AcousticsはライブSRのゴールドスタンダードとなる変貌を遂げました。
革命が始まった!
V-DOSC は、ライブ イベント業界をより小さく、より軽く、よりパワフルなサウンド ソリューションで一変させました。
L-Acousticsは、WSTのコンセプトを発展させ、最初の定曲率ライン ソース アレイ(ARCS)を開発しました。
L-Acousticsは、システムエンジニアやサウンドデザイナーのための正式なトレーニングを導入し、スピーカーに関する従来の実践的な知識を物理学の原理や 展開方法論で発展させています。
L-Acousticsは、サウンドデザイナーやシステムエンジニアが会場や屋外イベントでのサウンドシステムのパフォーマンスを正確に予測できる、初の3Dサウンドシステムモデリングソフトウェア「Soundvision」を発表しました。
L-Acousticsは、アンプリファイド・コントローラーLA4/LA8を発表し、SRシステム展開に向けた最初のスタンダードシステムを構築しました。
ハイクオリティな基準と運用基準に基づき確立された、世界初のレンタルネットワークを導入しました。
L-Acousticsは、LA Network Managerを改良し、リアルタイムのコントロールとモニタリングでサウンドシステム構築のワークフローを完成させました。
Coachella Valley Arts & Music FestivalでデビューしたK1は、大規模イベントにおける新たなスタンダードとなります。
L-Acousticsは、設備に特化したシリーズを発表し、性能の高い製品ラインを固定設備市場に拡大します。
Panflex™ テクノロジーを導入し、最新のラインソースアレイに可変式の水平カバレージパターンを追加しました。
L-Acousticsは、観客とパフォーマーを効果的に結びつける革新的なオブジェクトベースの技術であるL-ISA イマーシブ ハイパーリアル サウンドを発表しました。
L-Acousticsは、Islandを発表し、熱心なオーディオファンのために18.1のオールイン型サウンドスペースを備えた初のパーソナルオーディトリアムを考案しました。
L-AcousticsはAVBを採用し、エレクトロニクス・エコシステムのための中核となるネットワーク・オーディオ・プロトコルを開発・実装する業界リーダーの一つになりました。
ライブ感を再現するインイヤーモニターで、L-AcousticsがJH Audioとコラボレートした初のプロフェッショナルインイヤーモニター「Contour XO」を発表。
2007年の教育プログラム開始以来、L-Acousticsは3,000日間のトレーニングを実施し、35,000枚の認定証を発行しています。
これからも、音の未来を形にしていきます。


基礎
L-Acousticsは、革新とパフォーマンスを基本に、人を第一に考えた運営、環境への配慮、チームや他のオーディオ業界の専門家の教育と向上、そして芸術と技術の向上に対する私たちの情熱を支えるために設立されました。

イノベーションとパフォーマンス
L-Acousticsは、プロフェッショナル・オーディオ業界に革命をもたらす革新的な技術を基に設立されました。私たちの技術開発に対する実践的かつ革新的なアプローチは、「デザインによるシンプルさ」です。L-Acousticsのチームは、大胆かつ独立した思想を培うことで、優れた製品とサービスの構築に成功すると同時に、より効率的なプロセスを維持しています。

人を大切にする
L‑Acousticsは、創業以来、常に「人」を第一に考えてきました。私たちは、チームメンバーの資質と成長に特に注意を払っており、それが私たちの成功の主な理由です。L-Acousticsグループは、情熱と熱意を持って協力的に働き、会社と共に成長しようとする優れた人材によって設立されています。L-Acousticsは、個人のイニシアティブと貢献を促進することで、従業員を尊重し、評価しています。また、多様性を育み、あらゆる形態の差別を拒否します。

サステナビリティ
私たちは、サウンド・リインフォースメント・システムの規格において、サイズと重量を3 分の 1 に減らすことで、持続可能な資源調達と省エネルギー活動を推進し、ツアーやフェスティバルにおける輸送とエネルギー消費の負担 を軽減しています。当社の製品は性能と信頼性において業界をリードしており、定期的な使用とメンテナンスにより10年以上の耐用年数を達成し、早期交換の必要性を低減しています。また、世界80カ国に広がる認定パートナーとのネットワークにより、グローバルツアーの音響ニーズを現地で解決し、音響システムの海外輸送に伴うCO2排出を削減します。

教育・啓発
私たちは、社内教育プログラムだけでなく、音楽テクノロジーを必要とする人たちのための教育プログラムも実施しています。私たちは、教育プログラムや取り組みを通じて、音が私たちを感動させ、私たちの文化にとって不可欠なものであることを示すよう努めています。私たちは、従業員や業界の専門家たちの教育を促進することに価値を置いています。また、創造性、革新的なソリューション、異なる分野での思考を促進し、最先端のオーディオ技術を発展させていきます。

文化は必要不可欠
私たちの技術は、あらゆる種類のライブパフォーマンスの音質を向上させることで、文化イベントの発展に貢献しています。芸術のための革新的な技術によって、私たちはインスピレーションと創造性の源となることができます。音楽と芸術を通じた文化的な自己表現は基本的人権であり、世界中で不可欠なものとみなされるべきです。私たちは、パートナー、アーティスト、ミュージシャン、舞台芸術の専門家、そして従業員のあらゆる創造的な取り組みをサポートします。


L-Acousticsを体験してください

L-Aousticsは、プレミアムなSRテクノロジーの設計、製造、販売において業界をリードしています。

L-ACOUSTICSの関連記事

L-ACOUSTICSの納入事例

サポート・メンテナンス

製品の仕様や使い方がわからない、修理や部品の交換などご相談・ご依頼はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

納入に関するご相談など、当社へのお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

TOPへ戻る