取扱ブランド一覧

  • L-ACOUSTICS
  • MIDAS
  • KLARKTEKNIK
  • whirlwind
  • LIGHT WAND
  • RAT Stands
  • Luminex

商品概要

DSP搭載 16ch 設備向パワーアンプ

  • 16 x 16  構成
  • コンパクト(2U)
  • Milanによるシームレスな冗長性
  • L-SMARTパワーマネージメントテクノロジー
  • マルチチャネル・アプリケーションに最適化
  • 高度な離散化プロセス
  • 2022年第3四半期・出荷開始予定

LA7.16i について

LA7.16iは、高離散化アンプリフィケーションとプロセッシングが有益なアプリケーションに独自のソリューションをもたらす固定設備向きの16×16構成のアンプリファイドコントローラーです。16の各出力チャンネルは8Ωで最大1300W、4Ωで1100Wの出力が可能なので、ほとんどのL-Acousticsスピーカーを数多くドライブすることができます。このような高いチャンネル密度とパワー性能の組み合わせにより、LA7.16iは中規模から大規模の固定設備に最適なパートナーになります。

LA7.16iが提供するフレキシブルな機能は、劇場や舞台芸術センターなど、さまざまなスピーカーエレメントを組み合わせて使用するシステムや、あらゆるタイプの統合プロジェクトに有益です。L-ISAハイパーリアルシステムやイマーシブハイパーリアルシステムなど、個別のチャンネル処理を必要とする展開では、16の個別の入力と出力を活用することができます。さらにラインソースは、離散化によるシングルエレメントの恩恵を受け、オートフィルターを活用することで、観客席全体をより均一にカバーすることができます。

一般的にアンプの電源ユニット(PSU)とその出力チャンネルは、最も要求の厳しい、電力を大量に消費するスピーカー(通常はサブウーハー)をドライブするようにリニアに構成されています。しかし、ほとんどのシステムは、パッシブとアクティブ、スモールとラージ、サブとフルレンジなど、さまざまなスピーカーの組み合わせで構成されており、信号に時間的なオフセットがあることも少なくありません。このため、アンプチャンネルごとに特定のタイミングで固有の電力供給が必要となり、PSUに対する全体的な需要が減少します。LA7.16iは、予測モデリングアルゴリズムを用いてPSUと各アンプチャンネルのマネージメントを行う、L-Acousticsが開発した先進のパワーマネジメント技術であるL-SMARTを統合します。ハードウェアセンサーからフィードバックされたデータはDSPによって解析され、ドライブするスピーカーシステムのリアルタイムなニーズに適応します。極めて高い短時間のピークパワーと、7000Wの長いホールドタイムを提供するPSUは、このエネルギーを先進のクラスD出力段にダイナミックかつインテリジェントに供給し、最適なシステムパフォーマンスを保証します。

LA7.16iは、ラックスペースの効率化と統合コスト削減のためにコンパクトな2Uシャーシで構成され、L-Acousticsサウンドシステムに関連する二酸化炭素排出量を削減し、より大きくサステナブルへの取り組みをサポートしています。LA7.16iは、スピーカーのモニタリング、保護、管理、GPIO、ターミナルブロックコネクター、万が一主電源が喪失してもDSPカードが機能を継続できるバックアップ24VDC入力など、固定設備アプリケーションに適した機能を備えています。また、スマート主電源電流制限とサーキットブレーカーエミュレーションも搭載しています。Milan規格に準拠したLA7.16iは、Milan-AVBのシームレスなネットワーク冗長性をサポートし、LA Network Managerによるリモートコントロールとモニターが可能です。

スペック

アンプリフィケーションとパワーサプライ
出力パワー(全てのチャンネルを駆動) 16ch 4Ω 16ch 8Ω 16ch 16Ω
ピーク出力パワー 12 dB クレストファクター、サインバースト、1 kHz、 2 ms 1100W  1300W  700W
出力パワーCEA-2006 / 490A、サインバースト、1 kHz、 20 ms、 < 1 % THD 1000W 920W 580W
アンプクラス 高効率クラスD
パワーサプライモデル 力率改善回路(PFC)搭載、ユニバーサルスイッチモードパワーサプライ(SMPS)
外部DSPバックアップ電源入力 24 V DC
定格電源 100 V ±10%、 50-60 Hz
オーディオ仕様
周波数特性 (20 Hz – 20 kHz、8 Ω、 60W 出力時) ± 0.1 dB
歪率 THD+N (20 Hz – 10 kHz、8 Ω、 60W 出力時) < 0.1%
出力ダイナミックレンジ (20 Hz – 20 kHz、 8 Ω、 A-ウェイト、デジタル入力) > 119 dB
ノイズレベル (20 Hz – 20 kHz、 8 Ω、 A-ウェイト、デジタル入力) < – 78 dBV
DSP
デジタルシグナルプロセッサ(DSP) 第5世代デュアル SHARC 32-bitフローティングポイント、 96 kHz サンプリングレート
I/O ルーティング 16 x 16 ルーティング と サミング マトリクス
出力チャンネルごと

8 x IIR、4 x FIRフィルター 内蔵EQステーション
アレーモーフィング(LFコンター・ズームファクター)、空気吸音補正フィルター
スピーカー位相リニアライゼーションとインパルスレスポンス向上用内部IIR・FIR EQアルゴリズム
出力ディレイ 0 msから1000 ms
テクノロジー
スピーカー管理 L-DRIVEアドバンスドシステムプロテクション(偏移・温度・過電圧)
出力管理 L-SMART 適応型出力管理
保護回路
主電源とパワーサプライ 過不足電圧/温度過上昇/過電流/突入電流保護
パワー出力 過電流保護/直流/回路短絡/温度過上昇
入力 / 出力
Milanシームレスデュアルネットワーク対応AVB入力 16チャンネル 48kHz / 96kHz 最大8チャンネルの16ストリームから
代替ネットワーク・プロトコル AES67 (搭載予定)
AES / EBU 入力(アナログとコネクタを共有) 2 チャンネル(1 x AES/EBU、44.1 – 192 kHz サンプリングレート) アクティブリンクとバイパスリレー付
アナログ入力 (AES/EBUとコネクタを共有) 1チャンネル、リンク出力付
スピーカー出力 8 x 4 ピンターミナルブロック
リモートコントロールとモニタリング
ネットワーク接続 デュアルポート ギガビット イーサネット インターフェース etherCON I/O
汎用入出力(GPIO) 3 GPIO アイソレートフォトカプラー入力、アイソレートリレーコンタクト
サードパーティーマネージメントソリューション QSC®/ Crestron®
動作条件
温度 室温-5℃から+50℃
寸法
W x H x D 483 x 88(2U) x 411 mm
重量 14.5 kg

 

寸法図

アクセサリー

関連商品

ダウンロード

仕様書

LA7.16i システムスペックシート

PDF図面

LA7.16i.pdf

DWG図面

LA7.16i-2D.dwg

技術資料

インピーダンスと出力の関係 V9.0

技術資料

MILANの概要

カタログ

総合カタログ

カタログ

製品一覧カタログ

価格表

L-Acoustics 価格表

納入事例テキスト

ロンドン オリンピック 2012

納入事例テキスト

ハリウッド・ボウル

納入事例テキスト

オリヴィエ・シアター

納入事例テキスト

ソチ オリンピック 2014

納入事例テキスト

スポーツ施設事例集

LA7.16iの関連記事

サポート・メンテナンス

製品の仕様や使い方がわからない、修理や部品の交換などご相談・ご依頼はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

納入に関するご相談など、当社へのお問い合わせはこちらからお問い合わせください。

TOPへ戻る