音のスペシャリストに最高の製品とサポートを。ベステックオーディオ株式会社がお届けします。

K1-SB

フライングハイパワー・サブウーハー

■ 低域再生限界:30Hz
■ K1/K2のLFを拡張する、エクステンド・モード
  (THROW/CONTOUR)
■ ロングスロー時の音色バランスの優れた均一性
■ K1/K2システムとのコヒーレンス強化によりスタックサブウーハー
  を削減
■ プログレッシブベントによるピーク音圧の増加とタービュランス
  ノイズの低減
■ 高パワーハンドリング、低歪、低サーマルコンプレッション
  • テクノロジー
  • システム
  • スペック
  • 2004年にL-Acousticsは新たな回折モデル「DED」を開発しました。DED(The Distributed Edge Dipole)はAESジャーナルに発表され、低域サウンドデザインに論理的で予測可能な方法論を提供します。
    DEDモデルは、スピーカーから放射した音がキャビネットエッジで回析する際に発生する、位相反転や群遅延について説明したものです。DEDモデルは、エンクロージャーのサイズや、物理的なカーディオイドアプリケーションのモデリングに適用されています。最新のサブウーハー設計には、ピーク音圧の増加を目的とした超低振動璧と、タービュランスノイズの大幅な削減を担うプログレッシブ形状ベントを採用しています。
    L-Acousticsサブウーハーは、最新の音響特性、信号処理、コンポーネントの技術革新により、固定設備やツーリングなどの使用用途や、複数の動作モードに関わらず、優れたレベルのパフォーマンスを提供します。

  • WST におけるL-Acoustics の研究と15 年間に及ぶ経験を継承し、K1ラインソースは大型コンサート・スタジアムや野外フェスティバルのために比類なきパフォーマンスを実現します。
    ツーリングマーケットに対して、完全なシステムとしてパッケージ化されたK1は、クワッドアンプ・エンクロージャーと最新のKトランスデューサーの配置を結合し、HF セクションのリソースを強化させました。また、K1エンクロージャーは専用のLF エクステンション(K1-SB)と組み合わせて使用すると、サブ/ ローの周波数で比類なき指向性のコントロールと到達性をもたらします。K1は距離が離れたとしても、一貫性と音色のバランスのコントロールに新しい基準を定義します。

    K1、K2、K1-SB、SB28 は、世界的に規格が統一されたLA-RAKツアーリングラックによりドライブされます。

  • ●タイプ:
     バスレフ
    ●アンプリファイドコントローラー:
     LA8jp
    ●周波数特性(-10dB):
     30Hzまで ([K1SB28_60]プリセット)
    ●最大音圧レベル:
     145 dB ([K1SB_X]プリセット)
    ●カバレージ:
     スタンダード
    ●トランスデューサー:
     2 x 15"
    ●リギング:
     K1-BUMP, K2-BUMP
    ●IP/UV 等級:
     IP:IP55、UV:6
    ●サイズ:
     W x H x D = 1342 x 505 x 434mm
    ●重量 :
     83 kg

関連商品

  • K2

    K2

    ラージ・フォーマットWSTラインソース

  • K1

    K1

    ラージ・フォーマットWSTラインソース

  • SB28

    SB28

    ハイパワー・サブウーハー

  • LA8jp

    LA8jp

    2in 4out DSP搭載 4ch パワーアンプ

  • LA Network Manager

    LA Network Manager

    LA4X、LA12X、LA8jp、P1
    コントロール&モニタリングソフトウェア

  • Soundvision

    Soundvision

    3D シミュレーションソフトウェア

製品検索

条件から探す

設置規模から探す

フリーワードから探す